食道・胃内視鏡検査

診療メニュー

森崎医院携帯サイト

患者の気持ち-森崎医院

食道・胃内視鏡検査(通称:胃カメラ)

食道・胃内視鏡検査(通称胃カメラ)

食道・胃内視鏡検査は通称「胃カメラ」とされています。
内視鏡を口から挿入し、先端についている超小型のカメラで胃の様子を画面に映し出して検査を行います。

内視鏡は非常に細いので、苦痛も少なく検査を受ける事ができます。 今までの経験を生かし、丁寧でやさしい診療を行っていきます。

 

検査の重要性

内視鏡検査は、食道や胃の病気の早期発見に有効な検査方法のひとつとして重要な役割を果しています。

内視鏡検査は、過去に辛くて苦しいと体感された方もおられると思いますが、現在の内視鏡技術は格段に進歩しています。
苦痛も少なくより精密な検査を行う事が可能となっています。

消化器内視鏡専門医による診療

消化器内視鏡専門医による診療

消化器内視鏡専門医とは5年以上の指導施設での研修、内視鏡検査の診療実績、日本消化器内視鏡学会が実施するセミナーを定期的に受講し、専門試験に合格した内視鏡検査のスペシャリストです。

森崎医院では経験豊富な消化器内視鏡専門医によるやさしく・ていねいな診療を提供します。

 

胃カメラで分かる疾患

胃カメラで分かる疾患

上部内視鏡検査、いわゆる胃カメラは、胃がん、食道がん、十二指腸がんといった悪 性腫瘍などの他に胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃ポリープ、十二指 腸ポリープ、逆流性食道炎といった良性疾患の診断・検査に有効です。

 

ページトップへ

検査の流れ

平日8:00~8:10に来院していただき、検査を行ないます。
検査終了後、画像を見ながら結果をご説明します。
9:00までには終了し、ご帰宅いただけます。
(組織検査等した場合は後日追加の結果説明があります。

注意事項

検査前日 検査当日
食事

・夕食は消化の悪いもの(こんにやく、海藻類、野菜、肉類、豆類)は召し上がらないで下さい。
・午後9時以降は絶食になります。
※検査が出来なくなる可能性がありますので、ご注意ください。
・飲水は可能です。

・検査まで絶食です。
・検査まで絶飲です。

内服薬

・抗血栓薬(血を固まりにくくする薬)は、先生の指示に従ってください。
・お薬は普段通りに飲んでください。

・原則として検査終了まで内服できません。

活動

・普段通りにお過ごしください。

・運転するのは危険なので、車・バイク・自転車で来院はしないでください。

その他

・身体を締め付けるような衣服やガードル、ストッキング、タイツ、腹帯などは身に着けず脱ぎ着しやすい服装でご来院ください。

●検査前から検査中

  • ・喉の麻酔(ゼリー状のもの)をふくんでいただきます。
  • ・内視鏡の挿入によりまれに出血、穿孔などの合併症の可能性があります。

●帰宅後

  • ・喉に麻酔をしているため検査後1時間は飲食はできません。

●組織をとった方

  • ・当日の食事は消化の良い物を軽くお召し上がりください。
  • ・刺激物(アルコール・香辛料の強い物、熱い物など)は飲食できません。
  • ・はげしい運動はしないでください。
  • ・黒い便や強い腹痛がある場合はご連絡ください。
ページトップへ